夜明けはいつになりますか

ゲーム畑在住アラサーオタク女、ニートからの社会復帰一年生による思考記録。

結婚間近のハイテンションアラサーを見守る会

 友人のテンションが変で心配だ。
 友人は僕の同級生、つまりアラサーの女性なのだが、先日彼女に人生初の彼氏が出来た。それ自体は祝福してやりたいと思う。
 しかし「初カレっていう甘い響きに浮かれないようにするわ」との発言に、「その年齢で初カレという事実は苦いだろ」と突っ込まずにはいられない。ツーショット写メを友人に送りつけるなんて大学生でも普通やらない。どれだけ浮かれているというのか。

 特に心配なのは、彼女が「自分の意思で何かをしたことがない」という点だ。親の意思で努力より素質がモノを言う中学受験に臨み、そのまま大学までエスカレーター、就職は今時稀に見る好待遇職場にコネ入社、さして責任を負わない一般職。そして今回の彼氏も、実はややラフなお見合いとして親が掴んで来た縁談なのであった。
 今まで恋人が出来なかったのは当然だと思う。だって彼女は、自分の意思で相手を選んだことがない。尚、ここで言う「相手を選ぶ」とは収入ルックスその他の話ではなく、「この人が好き、お付き合いしたい」という選択のことである。それをせずにひたすら八方美人を貫き、言い寄って貰えるのを待った結果が「29歳という年齢=恋人いない歴」だ。

 上記のような経歴の彼女は、当然挫折を知らない。志望校に手が届かなかったことも、面接で人格を否定されたことも、仕事の失敗の責任を負ったことも、男性に振られたこともない。ただ本人はアトピーを不幸の種として嘆いており、「幸せになりたい」というようなことをしばしば口にする。
 きっとその彼氏と結婚しても、子供が出来ても、彼女は「幸せになりたい」と愚痴るのだと思う。今ひどく浮かれているのは、「ほら、私はこんなに幸せでしょう?」と自己暗示を掛けるためのパフォーマンスだ。大袈裟になって当たり前である。
 自分が口にしているものは本当の幸福じゃないと薄々感じてはいるようなのに、とうとう親が敷いた幸福のレールを降りられないまま伴侶の選択というところまで来てしまった。例えば受験に、就職に、恋愛に失敗していれば、どこかで脱線出来たかも知れないと思うのだが。

 ひたすらに、心配である。